透析で足がつる原因

透析で足がつる原因

透析で足がつる原因としては、以下のものが考えられます。

  • 時間当たりの除水速度がはやい
  • 総除水量が多い
  • DWが低く設定されている
  • 血圧や末梢循環血流量低下による筋肉への酸素供給量が低下
  • 電解質の変化
  • 透析による代謝性アシドーシス改善によるイオン化カルシウムの減少
  • L-カルニチンの欠乏
  • 下肢の閉塞性動脈硬化症
  • 急な体位変換
  • 低Ca血症

上記のように、透析で足がつる原因には様々ありますが、もっとも頻度が多いのは、除水速度が速い、もしく総除水量が多いことです。

これは、過度の脱水状態になることで、筋肉の細胞が異常に収縮してしまうためです。

参考:透析室に配属されたらこの1冊!透析ケアBASiC

というわけで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA