【簡単】オナ禁の失敗後の画期的な回復法を発見!【ジヒドロテストステロンを減らすのが大切】

オナ禁をやっている人

オナ禁失敗した人「しまった!誘惑に負けてオナニーをしてしまった!!なにかいい回復方法を教えて欲しい」

こんにちは、現在も総合病院で勤務している臨床工学技士の秋元です。

本記事では、最強のオナ禁失敗後の回復方法を1つ紹介したいと思います。

すみません、オナ禁に効果がないと感じている人はこの記事を読んでもあまり価値を感じられないと思います。オナ禁の効果には個人差が大きいというのがわたくしの考えですので。

オナ禁にはたしかに効果があります。しかし、挑戦すれば失敗(リセット)というものが必ず訪れてきます。

僕はこれまで何十回とオナ禁に失敗してきて(リセットしてしまって)、そのたびにネットに書かれているオナ禁失敗後の対処法を試してきました。
しかし、正直どれもイマイチで、実感できるほどの効果はありませんでした。

オナ禁失敗後の回復のための根本的な解決策は時間のみ。4~5日くらいはオナ禁失敗の後遺症に毎回苦しめられてきました。仕事を休むわけにもいかず、正直、めちゃくちゃしんどかったです。本当だったら仕事なんて休んで1週間くらい誰とも会わずに家に引きこもっていたいくらいです。

そんな中、僕自身がいろいろ試した中で、オナ禁失敗後の回復に圧倒的に効果のあった方法を今回紹介したいと思います。

この方法に関しては、わたくしが発見したものであり、めちゃくちゃ効果があります。また、他のネット記事には書いていないものになるので、かなり有益なものであると思います。

結論としては、ジヒドロテストステロンを抑えるAGAの薬の「ザガーロ®(成分:デュタステリド)」を内服することです。

引用:製品情報「ザガーロ」,グラクソ・スミスクライン株式会社

上の画像の薬はAGA治療薬として一般的につかわれているザガーロ®(成分:デュタステリド)です。

この薬は、医学的にも「ジヒドロテストステロン」を減らすことが証明されています。

実際に飲み始めた感想としては、次のとおりです。

「やっぱり薬は最強だな・・・。」

亜鉛やノコギリヤシなどにもジヒドロテストステロンを減らす効果があるといわれていますが、効果には雲泥の差があります。薬ですので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

参考までにデュタステリドの効果を薬の添付文書より引用します。

【薬効薬理】
デュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害する。ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症に関与する主なアンドロゲンである。
(1)5α還元酵素阻害作用6)
in vitroにおいて、ヒト1型及び2型5α還元酵素を阻害した。
(2)血清中のジヒドロテストステロン濃度低下作用
   男性の男性型脱毛症患者に本剤0.1及び0.5mgを1日1回24週間反復経口投与したとき、24週時の血清中ジヒドロテストステロン濃度はベースラインからそれぞれ83.6及び90.9%減少した。

引用:ザガーロ添付®文書

上記はザガーロ®(成分:デュタステリド)の添付文書ですが、血清中のジヒドロテストステロンを1日量で0.5mgを内服したとき、90.9%減少したとのことです。

ジヒドロテストステロンが90%以上減少はかなりヤバい効果だと思います。サプリや栄養素とは比較にならないほどの効果があります。

オナ禁の失敗後の画期的な回復法を発見!【ジヒドロテストステロンを減らすのが大切】

 

私が考える、オナ禁失敗後の様々なデメリットの諸悪の根源は「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる物質です。

このジヒドロテストステロンは、オナニーをすると、その前後で増えることが研究で確認されています。

少し古い論文になりますが、1976年にB.Mランドグレン氏らがおこなった研究結果で、オナニーの後にジヒドロテストステロン(DHT)が増加したことが確認されています1)。また、この研究では射精をする前の段階でもジヒドロテストステロン(DHT)が増加したことが確認されています。

  • オナニーの前後でジヒドロテストステロンが増加する。

参考文献:K Purvis,B M Landgren, Z Cekan, E Diczfalusy , Endocrine effects of masturbation in men

このようにオナニーで射精をしなくてもジヒドロテストステロン(DHT)は分泌されます。

これは経験的にも実感している人が多いと思います。

射精をしなくても、エロ動画を見ているだけでもオナ禁の効果が半減するといわれていますが、このジヒドロテストステロン(DHT)が増加していることが一因であると思われます。

要するに、なにがいいたいのかというと、オナ禁の失敗後の回復でもっとも重要なことは、このジヒドロテストステロン(DHT)の分泌をいかに減らすのかが大切だということです。

ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に関しては、下記の記事でわかりやすくまとめていますので、興味のある方は併せてご覧ください。

ジヒドロテストステロンとはなに?簡単にわかりやすく解説してみた

オナ禁失敗後のデメリットの原因物質【ジヒドロテストステロン】

オナニーをすることで種々のホルモンの分泌が促されますが、もっとも有害だと考えらる物質は先ほどにもお話した「ジヒドロテストステロン」です。

この「ジヒドロテストステロン」によって、

  1. 皮脂の分泌が多くなってニキビができやすくなる
  2. 勉強や仕事に対するモチベーションがなくなる
  3. 自分に対する自信がなくなって挙動不審がなくなる
  4. 頭皮の皮脂分泌促進によって脂ギッシュになる

などなど、オナ禁失敗後に起こるデメリットの数々を引き起こします。

したがって、オナ禁失敗後にまず第一に優先すべきは、ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑制することです。

ジヒドロテストステロンを減らす薬【5α還元酵素阻害薬】

引用:製品情報「ザガーロ」,グラクソ・スミスクライン株式会社

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす方法には、亜鉛やノコギリヤシが有効だといわれています。

実際、それらにある一定の効果があると思いますし、確かにオナ禁の失敗後の回復のために大量に牡蠣を食べると、多少ダメージが軽減されるのはわたし自身も感じています。

しかし、その効果の程度はそれほど大きくはありません。

これに対して、薬というのは、その目的のために効果を最大限に発揮させたものであり、亜鉛やノコギリヤシなどの栄養素と比べて圧倒的な効果があります(体感的に明らかに違って、飲めばわかります)。

その薬がザガーロ®(成分:デュタステリド)です。

【薬効薬理】
デュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害する。ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症に関与する主なアンドロゲンである。
(1)5α還元酵素阻害作用6)
in vitroにおいて、ヒト1型及び2型5α還元酵素を阻害した。
(2)血清中のジヒドロテストステロン濃度低下作用
   男性の男性型脱毛症患者に本剤0.1及び0.5mgを1日1回24週間反復経口投与したとき、24週時の血清中ジヒドロテストステロン濃度はベースラインからそれぞれ83.6及び90.9%減少した。

引用:ザガーロ添付®文書

上記はザガーロ®(成分:デュタステリド)の添付文書ですが、血清中のジヒドロテストステロンを1日量で0.5mgを内服したとき、90.9%減少したとのことです。

ジヒドロテストステロンが90%以上減少はかなりヤバい効果だと思います。サプリや栄養素とは比較にならないほどの効果があります。

ジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の原因にもなる

AGA(男性型脱毛症)は、頭皮のつけ根(毛乳頭細胞)にある5α還元酵素によって、精巣でつくられた男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに代謝されることで起こります。

このジヒドロテストステロンは、毛の周期の司令塔である毛乳頭細胞内のアンドロゲン受容体(AR)と結合し、遺伝子発現を促進しています。その結果、ある種のタンパク質を分泌し、育毛のサイクルを短くしています。

このため「男性ホルモンがハゲの原因」という風に一般に知られています。

しかし、ハゲ(AGA)の本当の原因は、男性ホルモンの中の「ジヒドロテストステロン」であり、一般的にもっとも有名な男性ホルモンであるテストステロンではありません。

テストステロンは、男性にとって性欲を強めたり、筋肉の成長を促進したり、仕事や勉強への意欲を増したりと、男性にとって非常に大切なホルモンです。このテストステロンを減らしてしまうと、男性としての魅力が半減してしまいます。

大切なのでもう一度いいますが、ハゲ(AGA)で問題なのはジヒドロテストステロンです。

したがって、諸悪の根源はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換してしまう「5α還元酵素」が、ハゲ(AGA)の本当の原因ということになります。

例えば、お酒は肝臓にある酵素で分解されますが、その酵素のパワーというのは遺伝的に人によって違うため、「体質的にお酒が飲めない人」がいます。このように遺伝的な問題で、お酒の飲めない人がいるように、毛乳頭にある5α還元酵素の活性も人によって違うために、つまりは毛乳頭で産生するジヒドロテストステロンの量も人によって違ってきます。

オナ禁失敗後のジヒドロテストステロンの分泌には個人差がある?

ジヒドロテストステロンとは、細胞内においてテストステロンに「5α還元酵素」が作用することでつくられる男性ホルモンの一種です。

男性ホルモンは一種類ではなく、テストステロン、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンなどがあり、男性ホルモンとはこれらの総称のことです。「男性ホルモン=テストステロン」だと思っている人もいたかもしれませんが、このように男性ホルモンにはいくつか種類があります。

この5α還元酵素の活性が人によって違っています。

お酒に強い人と弱い人がいることを例に解説していきます。

お酒に強い人と弱い人がいるのと同じ理屈

アルコールとエタノールの違い

お酒(≒アルコール)の主な成分はエタノールです。

お酒を飲むと、胃や腸から吸収されて血液の中に入っていくのですが、血液中に入ったエタノールは肝臓で酵素によって分解されて、身体にとって無害な酢酸へと変わります。

このエタノールを分解する「ADH(アルコール脱水素酵素)」「ALDH(アルデヒド脱水素酵素)」がありますが、これら酵素の活性が強い人は、たくさんお酒を飲んでもどんどん分解されていき、お酒で酔いにくかったら、気分が悪くなったりしにくい、いわゆるお酒に強い人ということになります。

しかし、中には遺伝的にこの酵素の活性が弱い人がいます。こういった人は、少量のお酒で酔ってしまったり、気分が悪くなってしまったりします。

オナニーに関してもこれと同じことで、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換するためには、5α還元酵素という種類の酵素が必要なのですが、この酵素のパワーも人によって違います。

オナ禁の失敗後のダメージにも個人差がある

オナ禁で効果があるのか、ないのかというのは、よくネット上で議論されていますが、これは両方とも正しいといえます。

なぜなら、それは個体差、つまり遺伝によるところが多いからです。

遺伝的に5α還元酵素の働きが強い人は、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換が多くなりますが、遺伝的に5α還元酵素阻害薬の働きが弱い人は、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換があまりされない、ということです。

ですので、オナ禁が効果があるかどうかというのは、遺伝子レベルで決まるものであって、ネット上で個人の体験談だったりを言い合ったりするのは不毛であるといえます。

オナ禁に関しては、もう少し研究が進み、遺伝的な背景のレベルで考える必要があります。

AGA(男性型脱毛症)は遺伝的なものである

ハゲに関しては、遺伝的な影響が強いといわれています。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、頭皮の細胞において、テストステロンから5α還元酵素によってジヒドロテストステロンがつくられることにあります。

男性のハゲの原因の9割はAGA(男性型脱毛症)といわれています。

このジヒドロテストステロンが毛の成長期を短くすることでAGAは発症します。

毛の成長期は通常ですと2年~6年といわれていますが、ジヒドロテストステロンによって、この毛の成長期が数カ月~1年ほどに短くなってしまいます。そのため、毛が短くなったり、細くなったりしてAGAが発症します。

AGA(男性型脱毛症)に関しては、遺伝的な影響が強いといわれていますが、同じように、オナ禁に関しても遺伝的な影響が強いのだと思います。

AGA(男性型脱毛症)の治療は早めに開始しておくべき

オナ禁で効果を感じられる人というのは、おそらくはテストステロンからジヒドロテストステロンへの5α還元酵素の活性が強い人なのだと思います。

そういった人は、AGA(男性型脱毛症)になるリスクが潜在的に高く、将来、ハゲてしまう可能性が高いです。

ですので、オナ禁で効果を感じられている人は早めにAGA治療薬である5α還元酵素阻害薬を始めるのをおすすめします。

5α還元酵素阻害薬にはザガーロ®(成分:デュタステリド)がおすすめな理由


  1. ザガーロ®(成分:デュタステリド)
    →こちらのほうがジヒドロテストステロンを抑える効果が強いです
  2. プロぺシア®(成分:フィナステリド)

テストステロンは、標的細胞内で5α還元酵素によって、より作用の強いジヒドロテストステロンに代謝されます。

このジヒドロテストステロンに変換する5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類がありますが、ザガーロ®(成分:デュタステリド)はⅠ型とⅡ型の両方の働きを阻害します。

もう一つAGAの治療薬として有名なプロぺシア®(成分:フィナステリド)はⅡ型の酵素しか阻害しません。

ですので、薬の作用機序として、プロぺシア®(成分:フィナステリド)よりもザガーロ®(成分:デュタステリド)のほうがジヒドロテストステロンを減らす効果が強いです。

5α還元酵素阻害薬にはザガーロ®(成分:デュタステリド)の副作用

そんなに効果がある薬なら結構強い副作用があるんじゃないの?と思う人もいるかもですが、ザガーロ®(成分:デュタステリド)とプロぺシア®(成分:フィナステリド)は比較的安全な薬です。

AGAで悩む男性が病院やクリニックにいけば、必ずザガーロ®(成分:デュタステリド)とプロぺシア®(成分:フィナステリド)は選択肢として出てくるくらい有名な薬で、使用している人も多く、安全性も高いです。

薬によって性欲が落ちたりするのでは?と心配する人がいるかもしれませんが、この薬はテストステロンを減らす薬ではなく「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑える薬です。

研究の中には、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を抑制するため、逆にテストステロンが上がったという報告もあります。

私自身、毎日ザガーロ®(成分:デュタステリド)を内服していますが、性欲が下がったような感じはまったくしません。

5α還元酵素阻害薬のザガーロ®を手に入れる方法

5α還元酵素阻害薬を手に入れる方法

  1. 病院やクリニック
  2. 個人輸入

AGAの予防や改善もして、オナ禁失敗後の回復にも効果が期待できるザガーロ®(成分:デュタステリド)という薬は普通にドラッグストアなどでは購入できません。

ザガーロ®(成分:デュタステリド)は薬という扱いですので、国内では医師の処方せんが必要です。

また、ザガーロ®(成分:デュタステリド)には保険適用がありませんので、全て自費診療となり、病院やクリニックによって料金がマチマチです。

ザガーロ®(成分:デュタステリド)の相場は、7,000〜11,000円/月額ですので、それなりにかかります。

どうしても安く手に入れたいという人は、アイドラッグストアーなどの個人輸入通販サイトで格安で手に入れることができますが、海外輸入品ですので偽物のリスクがあり、また現在のコロナの影響で注文してから届くまで1カ月以上はかかります。

おすすめのクリニック

近所のAGA治療をおこなっている病院やクリニックであればどこでもいいですが(もらえる薬はどこでも同じですので)、料金が安かったり、オンラインで完結できるおすすめのクリニックは以下のとおりです。

※2021年3月21日現在:トライアルコースあり
AGA治療の【ゴリラクリニック】は初回のみのトライアルコースがあります。トライアルコースでは、ザガーロ®(成分:デュタステリド)の一か月分が4,000円と格安で購入できます。相場では7,000〜11,000円/月額ですので、実際に効果があるのか試してみるには最適かと思います。
» AGA治療の【ゴリラクリニック】

※2021年3月24日以降:デュタステリドの後発品取り扱い開始
【CLINIC FOR】(クリニックフォア)でデュタステリド後発品の取扱いが開始になりました。これまでは先発品のザガーロ®(成分:デュタステリド)だったので一か月分が1,1000円くらいしましたが、後発品では定期配送の場合一カ月6,290円(税込6,919円)と大幅に価格が下がっていますのでかなりおすすめです。
»【CLINIC FOR (クリニックフォア)】AGAオンライン診療

オンライン診療ってなに?という方向けに。
オンライン診療の流れは以下のとおりです。

  1. 【CLINIC FOR (クリニックフォア)】AGAオンライン診療の公式サイトより日時の予約をする
  2. 頭頂部や額の生え際をスマホのカメラで撮影し、メールに画像を添付して送る
  3. 予約時間になったら看護師から電話がきて、簡単な問診にこたえる
    (いつくらいからAGAに悩んでいるか、どの治療を受けたいかなど。ここでAGA治療のためにザガーロ®(成分:デュタステリド)が欲しいと伝えます)
  4. 再度、15分後くらいに医師より電話がきて最終確認をする
    (どの薬が欲しいのかの最終確認、10秒くらいで終わります)
  5. あとは、商品の到着を待つのみ
    (クレジットカート、代引き可能。到着まで3日前後です)

オンライン診療をやったことがない人が多いと思いますが、やってみるとめちゃくちゃ簡単で拍子抜けすると思います。

※2021年3月21日現在:トライアルコースあり
AGA治療の【ゴリラクリニック】は初回のみのトライアルコースがあります。トライアルコースでは、ザガーロ®(成分:デュタステリド)の一か月分が4,000円と格安で購入できます。相場では7,000〜11,000円/月額ですので、実際に効果があるのか試してみるには最適かと思います。
» AGA治療の【ゴリラクリニック】

まとめ:オナ禁の失敗後の回復とAGAの予防・改善のためには薬がベスト

引用:製品情報「ザガーロ」,グラクソ・スミスクライン株式会社

まとめますと、オナ禁の失敗後やAGA(男性型脱毛症)の予防・回復には薬(5α還元酵素阻害薬)がベストです。

ベストといいますが、現時点では私はこれ以外の方法論を知りません。

皆さんがオナ禁をする理由はいろいろあると思いますが、その一つが異性にモテることだと思います。しかし、オナ禁に失敗すればジヒドロテストステロンが分泌されます。

そして、オナ禁で効果を感じやすい人というのは、遺伝の関係でジヒドロテストステロンが分泌されやすい人なのではないかなと推測しています。

つまり、オナ禁で効果を感じやすい人というのは、将来AGA(男性型脱毛症)になるリスクが高いと予想されるので、早い段階でAGA(男性型脱毛症)の治療もおこなったほうがいいです。

たしかに、運動をしたらいいとか、汗をかくとか、亜鉛やノコギリヤシなどのサプリを摂取するとか、オナ禁の回復には様々な方法論があります。

もちろん、これらにもある一定の効果はあるのだと思います。

ただし、個人的には気休めレベルです。薬の効果に比べたら雲泥の差で、本当に心から悩んでいる人は、是非一度薬を試してみてください。

オナ禁の失敗後のダメージがそこまでないかなぁ・・・という人は、薬にまで頼る必要はないのだと思います。それは遺伝的に恵まれていたというだけのはなしです。

それは先ほどにも説明したように、お酒に強い人と弱い人がいるように、遺伝的な違いによるものだからです。

しかし、オナ禁の失敗によって、とてつもないほどの疲労感、顔つきの変化、自身の低下、仕事や勉強へのモチベーションの大幅な低下がみられる、という人、また将来ハゲるリスクを下げたいと思っている人はぜひ薬(5α還元酵素阻害薬)を試してみてください。

 

というわけで今回は以上です。

 

 記事で紹介したクリニックのリスト

※2021年3月21日現在:トライアルコースあり
AGA治療の【ゴリラクリニック】は初回のみのトライアルコースがあります。トライアルコースでは、ザガーロ®(成分:デュタステリド)の一か月分が4,000円と格安で購入できます。相場では7,000〜10,000円/月額ですので、実際に効果があるのか試してみるには最適かと思います。
» AGA治療の【ゴリラクリニック】

※2021年3月24日以降:デュタステリドの後発品取り扱い開始
【CLINIC FOR】(クリニックフォア)でデュタステリド後発品の取扱いが開始になりました。これまでは先発品のザガーロ®(成分:デュタステリド)だったので一か月分が1,1000円くらいしましたが、後発品では定期配送の場合一カ月6,290円(税込6,919円)と大幅に価格が下がっていますのでかなりおすすめです。
»【CLINIC FOR (クリニックフォア)】AGAオンライン診療

 

<注意事項> 本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。 本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA