クエン酸回路の覚え方【ゴロで覚えれば楽勝です】

こんにちは、臨床工学技士の秋元麻耶です。

クエン酸回路は、細胞内のミトコンドリアでおこなわれている代謝経路であり、私たちの身体のエネルギー源であるATPをつくるために非常に重要です。

ただし、クエン酸回路の反応そのものから直接的にはATPをつくっておらず、それに続く電子伝達系でATPはつくられています。

本記事では、そんな重要な代謝経路であるクエン酸回路の簡単な覚え方を紹介します。

クエン酸回路の覚え方【ゴロで覚えれば楽勝です】

クエン酸回路の全体の反応は上の図のとおりです。

cis-アコニット酸は省略されて書かれている場合があります。

クエン酸回路には有名なゴロがありまして、「オクイアサコ不倫」というゴロで簡単に覚えることができます。

  • オ:オキサロ酢酸
  • ク:クエン酸
  • イ:イソクエン酸
  • ア:α-ケトグルタル酸
  • サ:スクシニルCoA
  • コ:コハク酸
  • 不:フマル酸
  • 倫:リンゴ酸

上記一連のクエン酸回路の反応によって、ATPをつくるために必要な、NADH+H+、FADH2、GTPがつくられます。

ちなみに、クエン酸回路を一周するごとに、NADH+H+が3個、FADH2が1個、GTPが1個つくらます。

というわけで、クエン酸回路の覚え方は「オクイアサコ不倫」で楽勝ですのでぜひ覚えておきましょう!

 

クエン酸回路について詳しく知りたい人は下記の記事で詳しく解説しているのでよかったら併せてごらんください。

クエン酸回路とはなに?世界一わかりやすく解説してみた

 

<注意事項> 本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。 本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA