インタクトPTHとホールPTHの違い【intact PTHとWhole PTH】

こんにちは、臨床工学技士の秋元麻耶です。

本記事では、インタクトPTH(intact PTH)とホールPTH(Whole PTH)の違いをできるだけわかりやすく解説しています。

インタクトPTHとホールPTHの違い

  • インタクトPTH(intact PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子だけでなく、そのフラグメント(断片)の7-84PTHも同時に測定
  • ホールPTH(Whole PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定
PTHには、インタクトPTH(intact PTH)とホールPTH(Whole PTH)とがありますが、結論をいえばこれらの違いは、PTHの測定法の違いによる測定対象の違いです。

測定法が違うだけで、PTHはPTH、同じものを測定しているのか?と思うかもですが、そもそもPTHは血中に分泌されると肝臓や腎臓などで分解され、様々な大きさフラグメント(断片)になります。

ですので、測定法によって測定対象が異なり、PTHフラグメント(断片)を含めて測定しているかどうかという違いがうまれます。

PTHについて

まず、PTH(parathyroid hormone:副甲状腺ホルモン)について簡単に解説します。

PTH(parathyroid hormone:副甲状腺ホルモン)は、副甲状腺の主細胞でおもに合成されています。

PTHは、骨と腎臓に作用して、血中カルシウム濃度を上昇させる作用をもっています。

PTHの構造としては84個のアミノ酸で構成されるペプチドホルモンで、1-84PTHと表記します。
この1-84PTHが生物学的活性をもっていて、骨と腎臓に作用して生理作用を発揮します。

PTHは分泌された後、肝臓や腎臓など分解され、様々な大きさのフラグメント(断片)に分解され失活します。たとえば、1-84PTHは酵素により分解され、とくに1-6のアミノ酸が切断され、7-84PTHに変化します。なお、フラグメントのなかで最も大きい7-84PTHは、細胞外のカルシウム濃度の上昇に反応して副甲状腺から直接分泌もされます。
副甲状腺は、甲状腺の裏側に4個ある数ミリ程度の小さな臓器です。

インタクトPTH(intact PTH)

  • インタクトPTH(intact PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子だけでなく、そのフラグメント(断片)の7-84PTHも同時に測定
  • ホールPTH(Whole PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定

インタクトPTHは、第2世代の測定キットで測定されたものです。

1987年、Nichols社により第2世代といわれるインタクトPTHアッセイが開発されました。

このインタクトPTHは、生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定し、その他のPTHフラグメントは含まない考えられていました。

しかし、後の研究によって1-84PTHのみを測定すると考えられていたインタクトPTHは、実はそのフラグメント(断片)の一つである7-84PTHも同時に測定し、副甲状腺機能を過大評価していることが明らかになりました。

これをうけて、本当に完全な1-84PTHのみを測定する第3世代の測定法が確立され、第3世代の測定キットで測定されたPTHをホールPTHと呼びます。

副甲状腺の機能はインタクトPTHでも十分に判断できます。しかし、透析患者さんではホールPTHのほうがより正確に副甲状腺の機能を判断できるとされています。

インタクトPTH(intact PTH)の測定法

インタクトPTHは、PTH分子のN端(13-34アミノ酸)とC端(39-84アミノ酸)を認識する2抗体を用いてサンドウィッチ法により測定します。

この方法により、しばらくの間は生理活性をもっている1-84PTHのみを測定するものとして考えられてきました。しかし、1-84PTHに加え、7-84PTHなど一部のフラグメント(断片)も同時に測定していることが明らかになり、副甲状腺機能を過大評価していることが明なかになりました。

ホールPTH(Whole PTH)

  • インタクトPTH(intact PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子だけでなく、そのフラグメント(断片)の7-84PTHも同時に測定
  • ホールPTH(Whole PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定

ホールPTHは、第3世代の測定キットで測定されたものです。

ホールPTHは、インタクトPTHとは違い、生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定できるといわれています。

インタクトPTHは、1-84PTHと、そのフラグメント(断片)である7-84PTHの両方を測定しています。

ホールPTH(Whole PTH)の測定法

ホールPTHは、PTH分子のN端(1-4アミノ酸)に対する抗体を用いているため、7-84PTHとの交差反応を示さず、ほぼ1-84PTHのみが測定されます。

透析患者さんでは、ホールPTHのほうが骨病変の評価に適しているといわれています。

インタクトPTHとホールPTHの関係式

インタクトPTHとホールPTHの間には以下の式が成り立ちます。

  • インタクトPTH ≒ ホールPTH × 1.7

まとめ:インタクトPTHとホールPTHの違い

  • インタクトPTH(intact PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子だけでなく、そのフラグメント(断片)の7-84PTHも同時に測定
  • ホールPTH(Whole PTH)
    →生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定

インタクトPTHでは、生理活性をもっている1-84PTHだけでなく、そのフラグメント(断片)で失活している7-84PTHも測定しています。

一方のホールPTHは、生理活性をもっている1-84PTHの完全分子のみを測定しているといわれています。

これがインタクトPTHとホールPTHの違いです。

 

というわけで今回は以上です。

 

<注意事項> 本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。 本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA