透析中に投与するイントラリポスについて【投与速度・カロリー】

こんにちは、臨床工学技士の秋元です。

本記事では、栄養状態の悪い患者さんに対して、透析中に投与される「イントラリポス」について、いったいどういうものなのか、投与速度について解説したいと思います。

透析中に投与するイントラリポス輸液について

 

出典:株式会社大塚製薬工場 イントラリポス輸液20%

脂肪をカロリー源として静脈内に投与する試みは、1929年山川らによって世界に先がけて始められた。その後、種々の脂肪乳剤の研究が行われた結果、木村らによって、ダイズ油脂肪乳剤が臨床的に安全かつ有効であることが立証された。
1981年にダイズ油 10w/v%濃度のイントラリポス 10%を、また、1987年にはダイズ油 20w/v%濃度のイントラリポス 20%を発売した。
さらに、1994年には、ポリプロピレン製のプラスチック容器入り製剤を発売した。
なお、医療事故防止等の観点から販売名の「イントラリポス輸液 10%、20%」への変更が2008年3月に承認され、2008年6月に薬価収載された。

引用:医薬品インタビューフォーム、イントラリポス®輸液10% イントラリポス®輸液20%

イントラリポスの主成分は大豆油です。

この大豆油に精製卵黄レシチンで乳化したものがイントラリポスです。
また、等張化剤としてグリセリンが添加されており、浸透圧比1と等張となっています。

2018年現在、日本において市販されている脂肪乳剤は、イントラリポスのみです。

イントラリポスの名称など

販売名イントラリポス輸液10%
イントラリポス輸液20%
一般名精製大豆油
包装イントラリポス輸液10% 250mLバッグ入り
イントラリポス輸液20% 50mL,100mL,250mLバッグ入り
性状pH:6.5~8.5
浸透圧比:約1(生理食塩水に対する比)

イントラリポスの名称などは上記のとおりです。

イントラリポスの成分・添加物

成分10%20%
250mL中250mL中100mL中50mL中
有効成分 精製大豆油25g50g20g10g
添加物 精製卵黄レシチン3g3g1.2g0.6g
 濃グリセリン5.5g5.5g2.2g1.1g
 水酸化ナトリウム
(pH調整剤)
適量適量適量適量
熱量(kcal)約275約500約200約100

参考:添付文書 イントラリポス®輸液10% イントラリポス®輸液20%

イントラリポスは、上記の成分・添加物を含んでします。

20%イントラリポス100mLのカロリー

20%イントラリポス100mLのカロリーは、添付文書には約200kcalと記載されています。

ほんとうに合っているかどうか、実際に計算してみます。

 

20%イントラリポス100mLに含まれる脂肪の量は20g(精製大豆油)です。

脂肪1gのエネルギーは9kcalですので、20g×9kcal/g=180kcalとなります。しかし、これでは添付文書の約200kcalと一致しません。これは、精製卵黄レシチン、濃グリセリンのカロリーを含めていないためです。

・精製卵黄レシチン:1.2g×9kcal/g=10.8kcal
・濃グリセリン:2.2g×4kcal/g=8.8kcal

したがって、20%イントラリポス100mLに含まれるカロリーは、180+10.8+8.8=199.6kcalとなり、添付文書の約200kcalとほぼ一致します。

 

イントラリポスの投与速度【日本静脈経腸栄養ガイドライン】

日本人における、脂肪乳剤の投与速度の上限は0.1g/kg/hrとされています(1)。これは、日本静脈経腸栄養ガイドラインにおいて推奨されています。

これ以上、イントラリポスの投与速度が速いと、血中での脂肪粒子の加水分解が追い付かず、栄養として利用されずに中性脂肪が上昇するだけになります。

また、脂肪による免疫能への影響や血栓症などの原因にもなります。

ですので、これら副作用を避けるためにもゆっくりと投与することが重要です。

イントラリポスの投与速度【添付文書】

添付文書では「イントラリポス輸液10%製剤は500mLを3時間以上かけて、イントラリポス輸液20%製剤は250mLを3時間以上かけて点滴静注する」と記載されています。

イントラリポス輸液10%製剤は、100mL中に10gの精製大豆油を含むことを意味しています。

つまり、イントラリポス輸液10%製剤500mLとイントラリポス輸液20%製剤250mLは、それぞれ50gの精製大豆油を含んでいるので、どちらも精製大豆油50gを3時間以上かけて投与しろということです。

この投与速度を、体重50kgの人に投与すると考えた場合、体重あたりの脂肪の投与速度に換算すると、約0.33g/kg/hr(50g/50kg/3h)となります。

一方、日本静脈経腸栄養ガイドラインが推奨する脂肪乳剤の投与速度の上限は0.1g/kg/hrです。

ですので、添付文書と日本静脈経腸栄養ガイドラインでは投与速度に約3倍のひらきがあります。

日本静脈経腸栄養ガイドラインと添付文書で投与速度が違う理由

イントラリポスは、ゆっくり投与したほうが脂肪乳剤が体内で有効利用されるからです。

ある研究で、0.3g/kg/hrで投与した群では血中TGが上昇し、0.1g/kg/hr以下で投与した群では血中TGが上昇しなかったとされています。

これは、0.1g/kg/hr以下で投与した群では血中TGが上昇しなかったので、脂肪乳剤が有効利用されているということです。血中TGが上昇するということは、うまく体内で脂肪乳剤が利用されていません。

入山らの報告(1)でも、0.1g/kg/hr以下が望ましいとしています。

イントラリポス輸液の投与速度の計算方法

イントラポリス輸液20% 100mL中には、20gの精製大豆油が含まれています。体重40kgの人の場合、0.1g/kg/hr × 40kg = 4g/hr以下で投与する必要があります。
(脂肪乳剤の投与速度の上限は0.1g/kg/hrとされているため(1)
つまり、1時間あたり4gまで精製大豆油を投与できるということです。
ですので、精製大豆油20gをすべて投与するためには、5時間以上かけて投与する必要があります。
投与速度としては、20ml/hr以下で投与する必要があります。

日本人における、脂肪乳剤の投与速度の上限は0.1g/kg/hrとされています(1)。これは、日本静脈経腸栄養ガイドラインにおいても推奨されています。

イントラリポス輸液は他の薬剤と混合しない

イントラリポスは、他の薬剤との混合で、粒子の粗大化や凝集をきたす可能性が高いため、他の薬剤と混合しません。

イントラリポスを投与する目的・効果

  • 目的・効果①:必須脂肪酸の補給
  • 目的・効果②:エネルギー源として

脂肪乳剤であるイントラリポスを投与する目的・効果は主に上記の2つです。

脂肪1gのエネルギーは9kcalと高く、効率の良いエネルギー源です。

イントラリポスの禁忌・慎重投与

  1. 血栓症の患者[凝固能亢進により症状が悪化するおそれがある。]
  2. 重篤な肝障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  3. 重篤な血液凝固障害のある患者[出血傾向があらわれるおそれがある。]
  4. 高脂血症のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  5. ケトーシスを伴った糖尿病の患者[ケトーシスが亢進するおそれがある。]

参考:添付文書 イントラリポス®輸液10% イントラリポス®輸液20%

イントラリポスの禁忌上記のとおりです。

  1. 肝機能障害のある患者[肝機能が悪化するおそれがある。]
  2. 血液凝固のある患者[凝固能が亢進又は低下するおそれがある。]
  3. 呼吸障害のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  4. 低出生体重児
  5. 重篤な敗血症患者[症状が悪化するおそれがある。]

参考:添付文書 イントラリポス®輸液10% イントラリポス®輸液20%

イントラリポスの慎重投与は上記のとおりです。

 

というわけで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA