ツムラ芍薬甘草湯の包装に書かれている2.5gの意味について

こんにちは、臨床工学技士の秋元麻耶です。

本記事では、ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の包装に記載されている2.5gの意味について解説します。

ツムラ芍薬甘草湯の2.5gの意味について

商品名:ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の添付文書には、以下のように表記されています。

本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2.5gを含有する。
日局カンゾウ・・・・6.0g  日局シャクヤク・・・・6.0g

添加物  日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物

引用:ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用),添付文書

本記事では、ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の包装に記載されている2.5gの意味、併せて上記の意味について解説します。

ツムラ芍薬甘草湯の乾燥エキス2.5gとは?

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の乾燥エキス2.5gとは、添付文書の組成に書かれている割合で混合した原料生薬を煎じて抽出し、生薬の残差(煎じカス)を除去して水分を飛ばして得られたもののことです。

例えば「ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)」の場合、まず日局カンゾウと日局シャクヤクを、6.0gずつの割合で混合し煎じます(熱水抽出)。そして、生薬残差(お茶だと茶がらの部分)を除去して(遠心分離)、最後に得られた液の水分を飛ばし(スプレードライ)、最後に得られたもの、それが乾燥エキス(つまり濃縮物)2.5gです。

ツムラ芍薬甘草湯の本品7.5g中とは?

本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2.5gを含有する。
日局カンゾウ・・・・6.0g  日局シャクヤク・・・・6.0g

添加物  日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物

引用:ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用),添付文書

先ほどの手順で得られた乾燥エキス2.5gに、賦形剤(ふけいざい)である乳糖などを加えて7.5gにしたもののことです。

1包中に含まれている芍薬甘草湯の量が7.5g、みたいな意味ではないので注意してください。

賦形剤(ふけいざい)とは、医薬品や農薬などの取り扱い、あるいは成形の向上や服用を便利にするために加える添加剤のことです。

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の包みに記載されている2.5gの意味

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の包みには、上記のように2.5gと記載されています。

これは、この1包の全量が2.5gという意味で、その内容物は、先ほど説明した乾燥エキス2.5gに、賦形剤(ふけいざい)である乳糖などを加えて7.5gにしたものを3で割ったものとなります。

例えば「ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)」の場合、まず日局カンゾウと日局シャクヤクを、6.0gずつの割合で混合し煎じます(熱水抽出)。そして、生薬残差(お茶だと茶がらの部分)を除去して(遠心分離)、最後に得られた液の水分を飛ばし(スプレードライ)、最後に得られたもの、それが乾燥エキス(つまり濃縮物)2.5gです。

この1包が、通常、1回の服用量となります。

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の1包に含まれている甘草の量は?

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の1包に含まれている甘草の量は2.0gです。

ですので、添付文書どおり、ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)を1日3回処方すると、それだけで甘草が6.0gにもなってしまいます。これだけの量を長期間毎日飲むのは副作用の点からもあまりよくありません。

甘草に投与量の制限は設けられていませんが、一般的には、甘草7.5gを上限と考えます。ですので毎日6gというのはちょっと多すぎです。

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の飲み方

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

引用:ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用),添付文書

芍薬甘草湯は、基本的に頓服で用いるための薬で、長期間漫然と飲み続けるのは副作用の観点からあまりよくありません。

ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用)の場合、添付文書上の1日の量は7.5gです。つまり、1日に3包までは、添付文書上では内服できるということです。甘草の量で換算すると6.0gとなります。

医療用漢方製剤と一般用漢方製剤の違い

芍薬甘草湯には、医師の診察に基づき処方される医療用漢方製剤とドラッグストアなどで購入できる一般用漢方製剤がありますが、両者に含まれる生薬成分は同じです。

違いは、1包み中の生薬の含有量で、医療用のほうが多めに含まれています。

1包中の甘草の量
ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒(医療用) 2.0g
【第2類医薬品】ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 1.5g

 

というわけで今回は以上です。

芍薬甘草湯についてさらに詳しく知りたい人は下記の記事もあわせてごらんください。

ツムラ芍薬甘草湯2.5g透析中の下肢つりのときに使う芍薬甘草湯について解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA