【全部で6種類】透析患者に使用するエポエチンなどの種類をまとめてみた

腎臓では、赤血球をつくるためのホルモンであるエリスロポエチン(EPO)をつくっています。

このエリスロポエチン(EPO)の命令により、骨の中の骨髄で赤血球がつくられます。

しかし、腎臓がわるくなるとEPOの産生が低下するため貧血になってしまいます。
(その他にも理由はありますが・・・)

これがいわゆる腎性貧血です。

したがって、腎性貧血の治療はEPO欠乏状態が主な理由ですので、ESAの補充がおこなわれます。

ESA(赤血球造血刺激因子製剤)とは、腎臓からつくられる天然エリスロポエチン(165個のアミノ酸からなるペプチドホルモン)と類似の構造をもったペプチドです。骨髄の中の赤芽球系前駆細胞に働き、赤血球への分化と増殖を促して、貧血を改善します。

ようするに、腎性貧血の治療のメインは、ESA(赤血球造血刺激因子製剤)の投与だということです。

そして現在、わが国では5種類のESAが使用可能です。

透析患者に使用するエポエチンなどの種類

現在、わが国で使用可能なESA(赤血球造血刺激因子製剤)は、以下の6種類です。

一般名 商品名 投与間隔
エポエチンアルファ
添付文書
・エスポ―注射液750シリンジ
・エスポ―注射液1500シリンジ
・エスポ―注射液3000シリンジ
最大週3回
エポエチンカッパ
(エポエチンアルファの後半品)
添付文書
・エポエチンアルファBS注750シリンジ「JCR」
・エポエチンアルファBS注1500シリンジ「JCR」
・エポエチンアルファBS注3000シリンジ「JCR」
エポエチンベータ
添付文書
・エポジン注シリンジ1500
・エポジン注シリンジ3000
ダルベポエチンアルファ
添付文書
・ネスプ注射液40μgプラシリンジ
・ネスプ注射液60μgプラシリンジ
・ネスプ注射液120μgプラシリンジ
週1回、もしくは2週に1回
ダルベポエチンアルファ(遺伝子組換え)
(ネスプの後発品)
添付文書
・ダルベポエチン アルファ注40ugシリンジ「KKF」
・ダルベポエチン アルファ注60ugシリンジ「KKF」
・ダルベポエチン アルファ注120ugシリンジ「KKF」
エポエチンベータペゴル
添付文書
・ミルセラ注シリンジ50μg
・ミルセラ注シリンジ100μg
・ミルセラ注シリンジ150μg
月1回

上記のESAの主な違いは半減期です。

エスポ―、エポエチンアルファ、エポジンは半減期が短く(薬の効果が早くなくなる)ので、週2~3回投与する必要があります。

一方のネスプやミルセラは半減期が長いので、ネスプは週1回、ミルセラは月1回の投与で効果があります。

現在、透析患者の8割以上において、ESAは投与されています。

エスポ―とエポジンの違い(アルファとベータの違い)

「エスポ―」も「エポジン」も、1990年に透析中の腎性貧血の治療薬として承認されてから、ながらく、透析患者さんにつかわれている薬です。

エスポ―の有効成分はエポエチンアルファで、エポジンの有効成分はエポエチンベータです。両者の違いは、わずかな糖鎖の違いのみであり、効果にほぼ違いはありません。

ただし、まれにエスポ―とエポジンの切り替えに際し、ごくまれではありますが、皮膚などにアレルギー反応が現れる場合があります。

 

というわけで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA