透析のときに使う低分子ヘパリン(LMWH)の種類【商品名も紹介】 

低分子ヘパリン(LMWH:low molecular weight heparin)は、ヘパリンを酵素的、あるいは化学処理した後、ゲルろ過してえられる分子量1,000~10,000(平均分子量:4,000~5,000)の分画です。

特徴としては、抗Xa/トロンビン活性比が未分画ヘパリンよりも高く(相対的にトロンビンを阻止しにくい)、このため出血の副作用が少ないことがあげられます。

この低分子ヘパリン(LMWH)には、ヘパリンの分解方法や分子量分布により、主に以下の3つが透析では使用されています。

  1. パルナパリンナトリウム
  2. ダルテパリンナトリウム
  3. レビパリンナトリウム

透析のときに使う低分子ヘパリン(LMWH)の種類【商品名も紹介】

透析で使われる低分子ヘパリン(LMWH)の種類には以下のものがあります。

販売名(商品名) 有効成分 平均分子量
ローヘパ透析用®100単位/mLシリンジ20mL
添付文書
パルナパリンナトリウム 4,500~6,500
ローヘパ透析用®150単位/mLシリンジ20mL パルナパリンナトリウム 4,500~6,500
ローヘパ透析用®200単位/mLシリンジ20mL パルナパリンナトリウム 4,500~6,500
フラグミン静注5000単位/5mL
添付文書
ダルテパリンナトリウム 約5,000
ダルテパリンNa静注5000単位/5mL「日医工」
添付文書
ダルテパリンナトリウム 4,400~5,600
リザルミン®静注5000単位/5mL
添付文書
ダルテパリンナトリウム 約5,000
クリバリン®透析用1000単位/mL バイアル5mL
添付文書
レビパリンナトリウム 約4,000

それぞれの低分子ヘパリン(LMWH)の違い

それぞれの低分子ヘパリン(LMWH)は、平均分子量が若干異なっています。

そのため、抗Xa/抗Ⅱa活性比に違いが出てきます。ただし、実際の臨床上、優位に抗Xa/抗Ⅱa活性比で説明できるような違いはありません。

各低分子ヘパリン(LMWH)の投与量

各低分子ヘパリン(LMWH)の投与量は、同じ単位数でかまいません。

つまり、自施設でパルナパリンナトリウムを採用していて、他院でダルテパリンナトリウムをワンショット500単位、持続300単位/時間で使用していた方が自施設にこられたとします。この場合、パルナパリンナトリウムをダルテパリンナトリウムと同じ分量(ワンショット500単位、持続300単位/時間)投与して透析をおこなって大丈夫です。

 

というわけで今回は以上です。

一言に低分子ヘパリン(LWMH)といっても、色んな商品がありますが、平均分子量に若干の違いがあるのみで効果に大きな違いはなく、投与量も同じ単位数でかまいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA