【DCS-100NX】TMP自動追従監視モードとは

こんにちは、臨床工学技士の秋元麻耶です。

日機装社製透析監視装置のDCS-100NXには「TMP自動追従監視モード」というものがあります。

本記事では、TMP自動追従監視モードとは、いったいどういうものなのかを解説したいと思います。

TMP自動追従監視モードとは

透析治療中、TMP(膜間圧力差)は基本的に上昇します。
(除水によって血液は濃縮し、同じ除水速度であっても抜きにくくなるため)

この、ゆっくりしたTMP(膜間圧力差)の上昇に対して、ある程度の幅をもたせつつ、上昇するTMP(膜間圧力差)に追従しながら監視する警報のことを、TMP自動追従監視モードといいます。

このTMP自動追従監視モードによって、透析中に随時変化するダイアライザーの濾過特性をモニタリングすることができます。

TMP自動追従監視モードによる警報設定までの流れ

TMP自動追従監視モードが設定されるまでの流れは以下のとおりです。

  1. 運転開始10分後※1に、条件がそろっていればTMPゼロ補正※2をおこないます。
  2. 初期UFR測定※3を2分30秒おこないます。
  3. TMPゼロ補正と初期UFR測定の結果から予測したTMP(膜間圧力差)を中点として、±20mmHgの幅で圧力を監視します。
※1 TMPゼロ補正を正確におこなうためには、体外循環が安定した状態でおこなう必要があるため、運転開始10分後となっています。
※2 TMPゼロ補正の所要時間は3分10秒です。
※3 初期UFR測定の所要時間は2分30秒です。
※4 初期UFR測定時の除水速度は、0.5L/h以上のときは設定された除水速度でおこなわれます。しかし、0.01~0.49L/hのときは、除水速度0.5L/hで初期UFRの測定がおこなわれます。

TMPゼロ補正とは

除水をしていないとき、TMP(膜間圧力差)は理論的にゼロとなります。

しかし、実際にはTMPはゼロにはなりません(落差圧などの影響のため)。

ですので、便宜上このときのTMP(膜間圧力差)をゼロとして、TMPゼロ補正しています(コンソールの画面からTMPゼロ補正値の値は確認可能です)。

このTMPゼロ補正をおこなうことで、他社製品のようにTMP(膜間圧力差)がマイナスになるようなことはありません。

※1 本来、TMP(膜間圧力差)は、ダイアライザの血液側の圧力の平均と、透析液側の平均の圧力の差です。しかし実際には、血液側と透析液側の平均の圧を算出しているわけではありません。また、ダイアライザや静脈チャンバの位置の関係から、落差圧が発生しています。たとえば、静脈チャンバの位置を下げると、静脈圧計の値は上がります。このため、TMPゼロ補正をおこなう必要があります。
※2 コンソールの画面からTMPゼロ補正の値は確認可能です。

透析中のTMP自動追従監視モードの挙動

引用:多用途透析用監視装置 DCS-100NX,日機装株式会社

以下のいずれかの条件で、一度、TMP自動追従監視モードを解除し、運転を再開してから2分後に、予測TMPを中点として警報点を再設定します。

  • 「運転」キーを操作
  • 各警報のリセット操作
  • 運転中に除水速度を変更
  • 血流量設定器を操作
  • 各警報が発生
  • 運転中に脱ガスチャンバ内のフロートスイッチがON

ようするに、透析中に上記のいずれかが起こった場合、もう一度TMPの予測をしなおしているということです。

 

 

というわけで今回は以上です。

 

<注意事項>
本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。
本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。<注意事項>
本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。
本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA