透析中におけるエホチールの持続注入

こんにちは、臨床工学技士の秋元麻耶です。

本記事では、透析中にエホチール®をどの程度、持続注入すればいいのかを紹介していきます。

透析中におけるエホチール®の持続注入

エホチール®は、透析中に血圧が下がってしまう患者さんに長らく使われている昇圧薬です。長らく使われている理由はシンプルでして、効果が弱いぶん、副作用も弱いからです。

エホチール®の効果

【効能又は効果】
起立性低血圧、各種疾患若しくは状態に伴う急性低血圧又はショック時の補助治療

引用:添付文書「エホチール注®10mg」

血圧を上げる機序としては、主に心臓への作用が強く、心拍出量を上げて血圧を上げています。

エホチール®やリズミック®でも透析中に血圧を維持できない場合、透析中にノルアドレナリンを静注しながら透析をおこなうこともあります(ノルアドレナリンを使わなければ血圧を維持できないような症例はほとんどありませんが・・・)。

透析のときにつかうリズミック®の作用機序や効果について

エホチール®の用法と用量

通常成人には1回0.2~1mL(エチレフリン塩酸塩として2~10mg)を皮下注射、筋肉内注射又は静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

引用:添付文書「エホチール注®10mg」

非透析患者さんの場合、多くはエホチールを2~10mgボーラスで使用するのが一般的です。

エホチール®の使い方

「エホチール®注10mg」には、1管(1mL)中に、成分名:エチレフリン塩酸塩が10mg含まれています。これを生食で10mLや20mLに薄めて使われることが多いです。

  • エホチール®注10mg+生食9mL
    または
  • エホチール®注10mg+生食19mL

当院では、エホチール®注10mgを生食19mLで薄め、トータル20mL(0.5mg/mL)にして使用しています。これを透析回路の静脈側回路から3ml/hr(1.5mg/hr)のスピードで投与を開始し、適宜血圧などをみながらスピードを調整しています。

効果が出ないようなら倍量6ml/hr(3.0mg/hr)のスピードに上げて、効果が出れば徐々にスピードを落としていきます。しかし、透析が終わった後に今度は逆に血圧が上がってしまう場合があるので、エホチール®の量を増やす場合には慎重におこないましょう。

 

というわけで今回は以上です。

 

<注意事項>
本ブログに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、掲載された情報に基づく判断については利用者の責任のもとに行うこととし、本ブログの管理人は一切責任を負わないものとします。
本ブログは、予告なしに内容が変わる(変更・削除等)ことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA